人の動きを表現したいときに便利な3Dモデル操作ツール PoseEditor の紹介

今日は Levelopの為に開発しているツール「PoseEditor」の紹介をします。

PoseEditorとは

PoseEditorは、ブラウザ上で3Dモデルのポーズを付けることのできるプログラムです。 PoseEditor(yutopp/PoseEditor · GitHub)

簡単にポーズ付けとwebページへの埋め込みができるようなものを目指して作成中です。ブラウザ上で何もインストールすることなくサクッと3Dモデルを弄れたら楽しいと思いませんか?主な特徴としては下記です。

  • ブラウザ上で動作
  • 作成したポーズ(シーン)のデータをJSON/PNG/JPGでエクスポート可能
  • オープンソース

将来的に、このPoseEditorをLevelopに組み込んで、練習メニューで胴や手足の動きを3Dで細かく表現できるようにする予定です。

実装について

今回は初めてTypeScriptthree.jsを使ってみました。 やはり静的型付けは素晴らしいですね。途中、three.jsのTypeScript用の型定義ファイルに足りないと思われる場所があったので、DefinitelyTypedにプルリクを投げたところ、すぐにmergeして頂けたので困ることなく開発できました。また、ワールド座標とローカル座標でハマるほど3Dまわりも久しぶりだったので、初心者にも優しいthree.jsには何度も助けられました。

そんな感じで楽しみながら作っています。 今後は

  • モデルを自由に切り替えられる機能
  • Undo機能
  • IK

を実装していこうと思っています。

メンテナンスについて

「コードが間違っている」や「こんな機能が欲しい」などありましたら、ぜひGithubのissueやコメントでメッセージを下さいませ。プルリクもお待ちしております。

それでは。

About the author

leveloper

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です