あいづアスレチック選手権大会 インタビュー

Levelopでは地元の大会を紹介することによりスポーツ活動・大会の認知度の向上を計ろうという試みも行っています。
動画でも紹介することで地元の大会のレベル感を知ることができ、次回以降参加する選手たちの目標設定・モチベーション向上に貢献していきたいと考えています。

今回私たちは福島県会津若松市にあります、あいづ総合体育館にて9月13日に開催されたバドミントン大会を取材させていただきました!お邪魔させていただいたのは今回で49回目の開催となるAAC(あいづアスレチッククラブ)選手権大会です。

1部から6部まで計312名の選手が出場した今大会、私たちは1部の優勝決定戦の撮影をしてきました。その試合動画は、許可をいただきYouTubeにて公開させていただいています。記事下のリンクからぜひご覧ください。


今回は、今大会を運営している「あいづアスレチッククラブ」の代表である鈴鹿さん高橋さんに大会についてお伺いしました。

-大会を開いたきっかけは何ですか?

鈴鹿さん「クラブの会員を引き留めるためですね。当時会員が入ってはやめ入ってはやめを繰り返していて、どうしたら残ってもらえるか考えたところ、クラブ内で楽しくできるように大会を作って始めることにしました。そうして仲間内で楽しくやっていこうと何度か催しているうち、県外にいる元AACメンバーが声をかけてくれた県外からの参加者も増えていって大きくなっていきました。」

-今よりも大会の規模を大きくする予定はありますか?

高橋さん「今のところはないですね。春に開いた大会で参加者が400人近く集まったことがあって、運営が少人数だったのでなかなか厳しかったんです。」
鈴鹿さん「その時は試合数が減ってしまい1試合しかできなかった選手もいたんですよ。みんなは試合をたくさんやりたくて来ているので、それで苦情もありました。」

-大会を開いてよかったことは何でしょうか?

鈴鹿さん「やっぱり他のクラブチームの選手や監督と仲良くなれたことですね。」
高橋さん「そうですね。そういういろんな付き合いが増えて、いろんな関わりができたってことです。あと大会のレベルも上がっていて、時には強い選手同士の見ごたえのある試合もあったりするようになったのはよかったです。」

-大会を運営していて困っていることはありますか?

鈴鹿さん「人数調整ですね。部門によって人数に偏りが生じてしまい、足りていない部門には以前出場していた選手に声をかけるなどして対応しています。」
高橋さん「あと大量に出るコート毎の試合の結果をパソコンに入力できるものがあると嬉しいですね。パソコンに入力する専属に誰か用意したり、各コートでまとめられるといいですけど。」

-最後に今後、将来的にこのクラブで試みたいことはありますか?

鈴鹿さん「もっと強いチームにしたいです。まずは県内1位に。それから県外の選手にも勝てるようになっていきたいです。」
高橋さん「あと、若い選手が少ないので、中高校生にもっと参加しに来てもらいたいですね。部活があるから時間的になかなか厳しいかもしれないけど、モチベーションがある人は週2回とかで混ざってみてほしいです。」


26年前から開催されているAAC選手権大会ですが、始まりは鈴鹿さんの所属するクラブから離れていってしまうメンバーを引き留めようとして開いたのがきっかけだったんですね。
現在は県内外から300名以上の選手が出場するほどになりましたが、選手が増えるにつれて、人手を必要とする試合結果の管理をもっと手軽に行えないかという悩みがあるようです。ただ大会のレベルは上がっていますし、まだ出場したことのない選手の方はぜひエントリーしてみてはいかがですか?
また高いモチベーションを持っている中高生は、AACは若い選手も歓迎しているそうなので一度練習に参加してみるといいのではないでしょうか。


優勝決定戦の動画
4チームからなるリーグの勝ち点が並んだ「あいづアスレチッククラブA」と「リフレッシュクラブ」による優勝決定戦ダブルス3試合です。

第49回あいづアスレチッククラブ選手権大会


Levelopではスポーツクラブ、部活、大会を取材しています

Levelopでは以下のようなクラブを取材しています!
クラブの宣伝をしたい、部員を募集をしたい、練習の風景を撮影してほしい、などのご要望にもお応えしますので、ぜひご連絡ください!

  • 特殊な練習を行っている
  • 有力な指導者がいる
  • 強い選手がいる
  • 他にはないすごい設備がある
  • マイナースポーツを広めたい
  • メンバーを募集している

大会については小規模なものから取材します!
動画の撮影もスタッフがいたしますので是非ご相談ください!

メール: levelop.org@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/levelop_org
Facebook: https://www.facebook.com/levelop.org

About the author

leveloper

One thought on “あいづアスレチック選手権大会 インタビュー”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です