バドミントン入門者にお勧めする3つのフットワークトレーニング

Badminton_Semifinal_Pan_2007-1

新しい年を迎え、どんどん寒くなってきました。屋外のスポーツを楽しむには少し辛いかもしれませんね。この冬から屋内のスポーツを始めたいと思っている方も多いのではないでしょうか?今回は屋内ラケットスポーツの代表格、バドミントンの練習メニューのなかで、バドミントンを始めたばかりの方に最適な心も体もあたたまるハードなフットワークメニューをまとめてみました。寒い季節だからこそ、体力をつけてライバルに負けない体づくりにトライしましょう!

フットワークの重要性

バドミントンの試合ではコートの隅々までシャトルが飛び交います。プレーヤーはシャトルの落下点まで確実に移動し、相手のコートに返す必要があります。この移動のための足のステップのことを「フットワーク」と呼びます。バドミントンだけでなく他のラケットスポーツでもよく使われる呼び名です。バドミントンにおける「フットワーク」は基本的な要素でありながら、中級者までの試合では大きく勝敗に影響するとても重要なスキルです。つらい練習が多いですが、決して妥協せず、確実に身につけましょう。

Levelop – シャトル運び
https://levelop.org/recipe/233/
s3images

もっとも手軽に始められる、初歩的なトレーニングです。コート内の各ポイントにシャトルを並べ、反対側に運ぶだけの単純な連取です。フットワークの方法を身につけるというよりも、体を温めるアップとして使われることが多いかもしれません。また、初心者がコートの広さを身体で覚えるのにも役立つでしょう。

ベーシックなフットワーク練習

Levelop – 基本的なフットワーク練習
https://levelop.org/recipe/54/
s3images_1

今度はラケットを使ったトレーニングです。コーンをラケットで触ることで、実戦に近い距離感を覚えることができます。慣れてきたら、①〜⑧のコーンをランダムに回ってもいいでしょう。

ハイクリアのフットワーク練習

Levelop – ラインタッチクリア
https://levelop.org/recipe/121/
s3images_2

特に初級者までのシングルの試合においては、スマッシュよりもハイクリアを武器にする方が大きなアドバンテージになることが多々有ります。まだ習熟度が浅いスマッシュを打つよりも、より高く、より奥にシャトルを返すことができるハイクリアの方が、汎用性が高く、相手にとっても厳しい球になるのです。この練習はつらい体勢でも正確なハイクリアを返すための練習です。クリアの技術に加えて、ハードなフットワークをこなす必要があります。クリアの競り合いは長くてキツイ分、勝った時の精神的な優越感が大きな自信になるので、ライバルに負けないように練習しましょう。

いかがでしたでしょうか?初めのうちは素振りやフットワークなど地味なトレーニングばかりですが、基礎が必ず実戦で活きる場面が来るはずです。ぜひLevelopを活用して練習に励んでください!

Levelopでは他にも効果的な練習やユニークな練習メニューを募集しています。メニューは誰でも登録することができます。まずは下記からアカウントを作成してみましょう!

About the author

leveloper

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です