福島ホープス会津リトルシニア取材1 ー チーム紹介と練習風景

レベロップは2016年1月31日(日)に会津の硬式野球チーム「福島ホープス会津リトルシニア」の取材をさせて頂きました。今回は福島ホープス会津リトルシニアとはどんなチームなのか?といったチームの紹介と取材させて頂いた時の練習風景を記事にまとめて紹介していきます。

福島ホープス会津リトルシニアとは?

福島ホープスロゴ
引用:福島ホープス公式ページより

福島ホープス会津リトルシニアは高校野球での即戦力を目標とし、会津地域の中学生を対象に活動している硬式野球チームです。高校野球はもちろん、大学野球、BCリーグ※、NPB(プロ野球)で活躍できる為の基礎練習を徹底して行っています。

BCリーグ(ベースボール・チャレンジ・リーグ):北陸・信越地方5県と関東地方2県、東北地方1県を活動地域とするプロ野球の独立リーグ。

会津リトルシニアの経歴

2010年4月、福島県会津若松市に小学校6年生から中学生までの硬式野球チーム「会津リトルシニア」を設立。
2015年6月、BCリーグ福島ホープスからの指名で福島ホープス会津リトルシニアと改名。

チーム風景

チーム風景1

取材にお伺いした日には小・中学生合わせて15名ほどの選手が練習に参加していました。

チームスローガン

礼儀挨拶返事掃除」、「高校野球で即戦力」、「侍ベースボール(礼儀正しく紳士に)」をチームスローガンに掲げています。

会津地域の野球のレベルアップのために

会津リトルシニアには室内練習場があり、オールシーズン練習可能な環境が整っています。会津地域の野球のレベルアップはもちろん、野球を通しての人間教育にも力を入れており、卒業後も地域に貢献できる人間を育てるという地域貢献や地域活性も視野に入れながら活動している野球チームです。

オールシーズン練習可能な室内練習場

室内練習場の外観

室内練習場
地元企業をはじめ多数のスポンサーが協賛しております。工場を人工芝の室内練習場に改装したことで、冬は雪が積もる会津でも冬期間の練習に困りません。選手募集の看板もありますので、お申し込みはこちらまで。

会津リトルシニアのスポンサー一覧

スポンサー

市内50社の企業が支援しております。詳しくはこちら

会津リトルシニア室内練習場マップ

室内練習場マップ

地図は上の画像の通りです。国道118号線沿いにあります。神明通りから芦ノ牧方面へ向かって会津総合体育館付近の交差点をさらに芦ノ牧方面に向かうとすぐ右側に「会津リトルシニア」と書かれた看板が見つかります。

室内練習場の内観

室内風景1

一面に広がる人工芝が羨ましい!もちろんライトもあるので暗くなっても練習できます。この室内練習場は会津リトルシニア専用ではなく、他の団体にも貸し出す時があるようです。

会津リトルシニアの練習風景

練習風景1

レベルの高い環境で野球をやってきた監督、コーチの皆さんが直接選手の指導に当たっています。指導陣の方々も自分たちが学んできたことを選手らに還元する気持ちで熱く指導しています。会津地域の野球のレベルアップを願っているのが心から伝わりました。

 

練習風景2

春先からの活躍を胸に秘め真剣に基礎トレーニングに取り組む選手たち

 

練習風景3

まとめ

今回、冬期間の練習を取材させて頂いたので全体的に体づくりのメニューが中心でした。野球に限らず、どのスポーツでもこの時期のトレーニングは一年間の飛躍を左右する大事な基礎作りの時期になります。

選手・指導陣はもちろん、保護者の方々も全力でサポートし、選手・指導陣・保護者が一体になっていたいうのを取材に伺って肌で感じました。

次回の記事は会津リトルシニアに取材に伺った際のインタビューを中心に紹介していきます。

会津リトルシニアは選手募集をしています

会津リトルシニア公式HPはこちら

入会金:10,000円
月会費: 7,000円(練習生:10,000円)
(活動費・保護者費・審判費含む)
他、入会時ユニフォーム代等別途必要になります。

練習日

月・水・金 19:00〜21:00
土・日・祝  9:00〜17:00

お問い合わせ先

TEL:090-4661-9747(木﨑)

About the author

諏訪亮祐

Levelopメディアディレクター。個人でライターとしても活動。複数のブログ運営もしています。

2 thoughts on “福島ホープス会津リトルシニア取材1 ー チーム紹介と練習風景”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です