ドリブルは個人技ではない!サッカーで大切なドリブルの基礎と練習方法

ドリブル
サッカーでドリブルといえば大事な技術の一つで、ドリブルが上手いと選手として一目置かれる存在になるでしょう。しかし、サッカーをやっている方の中には、ドリブル=個人技というイメージを持つ人もいるかも知れません。ですが、ドリブルの役割はディフェンスを抜いて突破するだけでなく、ボールをキープするという役割もあります。また、ドリブルの上手さはもちろんですが、ドリブルをしてボールを運ぶ姿勢は攻めに転じるチームの勢いを表すのでチーム全体としても重要になります。

つまり、ドリブラーでなくてもドリブルは一人一人力を入れて練習すべきメニューの一つとなります。そこで今回はドリブルの基礎とその練習方法を紹介します。

ドリブルが上手くなるためにはボールタッチが大切

ドリブルは常に自分の足元にボールを置き、相手にボールを奪われないようキープしなければいけません。そのためにはボールタッチを練習することが大切です。ボールタッチがしっかり出来いないと自分が思うようにボールをコントロールできず、逆に相手にチャンスを与えてしまいます。

ボールタッチがサッカーで最も必要不可欠なワケ

練習1 真っ直ぐドリブル

外であれば地面に線を引いて、それの上を真っ直ぐドリブルしてみましょう。
体育館などの室内であればテープなどのラインがあると思うので、それを活用すると良いですよ。

慣れてきたら、真っ直ぐだけではなく三角や四角、円などを描き、それに沿ってドリブルしてみましょう。ターンの練習にもなりますのでオススメです。

低学年向けなメニューと思うかも知れませんが、楽しみながら基礎を練習できる効果的な練習です。

練習2 円に沿ってドリブル

円に沿ってドリブルの練習を行う方法はとても良い練習となります。

ポイント

・時計回り、反時計回りの両方行う
・時計回りでは右足のアウトフロントや左足のインフロントを使う
・反時計回りでは右足のインフロントや左足のアウトフロントを使う
・出来るだけ細かくボールをタッチする

これらによって左右の足、それもインフロントとアウトフロントをしっかり使ってボールの感触を確かめながらドリブルの練習ができます。ボールや線ばかり見るのではなく、目線を上げることを意識しましょう。小さな円、普通の円、大きな円と大きさを変えてやってみると良いでしょう。

ボールウォッチにならないトレーニング

プレーヤーの人数に合わせてやや混雑気味な範囲でエリアを決め、一人一人がボールを持ち、混雑するエリア内を他の人やボールにぶつからないようにドリブルします。
※トップスピードでドリブルする必要はありません。

ぶつからないためには視線を上げ、周囲を見ながらドリブルしなければいけません。
顔を上げなければいけないということを頭と体で理解させるのがこのメニューのポイントです。

<おすすめ記事>
運ぶドリブル|ビルドアップしながらスムーズに前進する方法

練習3 ジグザグドリブル

サッカー経験者であれば誰もが習ったことのあるコーンやマーカーを使ったジグザグドリブル。しかし、この光景だけなら全国どこでもプロアマ問わず行っています。シンプルなドリブルの練習かも知れませんが、インサイドだけでドリブル、アウトサイドだけでドリブル、右足だけ、左足だけ、と条件を付けるだけで幅広いメニューとなり、繊細なボールさばきが身につきます。

さいごに

サッカーにおいてドリブルは決して個人技ではなく、ボールを奪って守りから攻めに転じる時にチームに勢いを与えたり、味方からパスを受けてゴールに向ってボールを運ぶ姿勢はパスと同じく大事な技術になります。ドリブルでは足の速さの問題ではなく、いかにトップスピードでドリブルできるかというのもドリブルをする上で大切です。そのためにはリフティングなどのボールタッチがきちんと出来ているかが上手さを左右するでしょう。

About the author

諏訪亮祐

Levelopメディアディレクター。個人でライターとしても活動。複数のブログ運営もしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です