巨人軍4番打者の栄光と象徴

168aea633a6a9841f96c9a9275448321_s
プロ野球読売ジャイアンツ(巨人)は2016年より原辰徳監督から高橋由伸新監督にバトンが引き継がれました。近年の巨人は、成績はともかく、かつての「巨人の4番」という象徴が消えてしまいました。高橋由伸新監督に託した原辰徳監督も球史に名を刻む歴代巨人4番打者の一人でした。

若大将と呼ばれたスーパースター原辰徳

原辰徳氏は選手時代はもちろん、監督時代も含めて長嶋茂雄・王貞治のONから時代を引き継ぎ、一人背負って新たな歴史を築き上げたスーパースターです。

ONに次ぐ新たなスターとして国民からの期待、巨人の4番は打って当たり前という重責、プレッシャーなど全て一人で背負いました。そのためか、不振な結果が続いたり、怪我で長期間出場できなかったため、ONのような華々しい成績は残せなかったものの、愚痴をこぼさずひた向きに野球に取り組む勇姿は巨人ファンのみならず、全ての野球ファンの記憶に残る巨人の4番打者です。

現役引退の際には、「巨人軍の4番打者には何人たりとも侵すことができない聖域がある」と語るほど「巨人の4番」を誰よりも知っています。

しかし、そんな原監督でさえも現代の巨人の4番打者を生み出せないまま巨人のユニフォームを脱いでしまったことはとても悔やまれます。

巨人の4番とは

歴代の巨人の4番を見ると、チームの4番であると同時に球界の4番打者という物凄い面子が揃っています。近年の巨人は、選手や打順の入れ替わりが激しく、かつての「4番」の象徴は消え去りかけていますが、どの歴代4番打者を見ても輝かしい成功だけでなく、成功までの苦悩など数々の物語があります。

数々の強打者がこれまで歴代4番打者の座に就いてきましたが、巨人軍の4番打者として語り継がれているのはごく数人しかいません。先に挙げた原辰徳氏は除きます。

ミスタージャイアンツ 長嶋茂雄

ミスターこと読売ジャイアンツ終身名誉監督の長嶋茂雄氏。闘志あふれるプレーで国民を熱狂させ、王貞治との「ONコンビ」で巨人のV9に貢献し、プロ野球史上最高のプレーヤーとなりました。現役引退の際に言った「わが巨人軍は永久に不滅です」は今も語られる名スピーチです。その後は二度に渡って巨人軍監督に任命され、監督となってもファンを楽しませる野球を常に魅せていました。

世界の王 王貞治

一本足打法で「世界の王」とも評された王貞治氏。現役時代、長嶋茂雄とのクリーンナップは「ON砲」と呼ばれました。個人としての記録「通算868本塁打」は世界記録となっており、その記録は未だ破られていません。また、国民栄誉賞の初受賞者でもあります。

世界中を魅了したスラッガー 松井秀喜

歴代4番打者の中では最後の4番打者であり、長嶋茂雄氏は「現代で最高のホームランバッター」と評したゴジラこと松井秀喜氏。長嶋監督の元、1000日計画で築き上げた日本を代表する4番バッターです。卓越したパワーと野球に対する姿勢、そしてその人格や人柄は日米問わず世界、そして野球というスポーツを超えて愛され、人間としての鑑であります。

巨人で10年、そしてヤンキースを始めとするメジャーで10年と日米で活躍し、日本人スラッガーがメジャーで通用することを世界に証明しました。

さいごに

第◯代4番打者と言われるプロ野球球団は巨人だけです。昭和な感じがあって違和感を覚える人も少なくはないでしょう。しかし、長嶋氏や松井氏をはじめとする方々が語られるように、「球場に試合を観に来るファンの中には今日が最後の観戦になるファンもいるかも知れないから、そういうファンのためにも巨人の4番は活躍しなければいけない」というのが暗黙の使命なのです。

また、巨人の4番というのは少なからず子どもたちにとって、夢であり、憧れでもあります。そういった子どもたちのためにも巨人の4番の座に座れるのは一瞬の成功で成せるような簡単なものではなく、挫折や苦悩など全てを乗り越えてきた超一流の選手しかなることができない聖域なのです。

About the author

諏訪亮祐

Levelopメディアディレクター。個人でライターとしても活動。複数のブログ運営もしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です