運動音痴がウォーキングを実際に始めてみました

始めたきっかけ

日差しもすっかり温かくなり、季節はもう春。何か始めたくなる季節になりました。

私は、幼稚園児の頃から運動は大の苦手です。苦手どころか嫌いと言っていいほどです。20代も後半にさしかかり、体脂肪率がさすがに危うくなってきました。

今は健康にさして異常も無くなんとかなっています。このままでは確実に身体を壊します。このままではいけない。健康を保つため、またLevelopのライターとして、私も何かスポーツをやってみようと思い立ちました。

そこで目をつけたのがウォーキングです。初心者でも始めやすく、継続もしやすいということで色々調べてみました。

ウォーキングに必要なもの

調べた結果、最初に用意したほうがいいものは以下の5つです。

・ウォーキングシューズ(重要)
・動きやすい服装
・活動量計アプリを入れたスマートフォン(筆者はiPhoneを使用しています)
・小銭等を入れた財布
・タオル

家にあるものでなんとかなります。シューズだけは歩きやすい、専用のものを使ったほうがよいでしょう。

ウォーキングのポイント

加えて、ウォーキングの際、押さえるべきポイントは以下の通りです。

・空腹時に歩く
・最初は30分程度
・正しいフォームで歩幅を広く、早歩きする
・「もう少し歩けそう」と思うあたりでやめる

このポイントを押さえて、1ヶ月ほど実際に歩いてみました。

ウォーキング1日目

よく晴れた日にさっそくウォーキング開始です。朝、少し肌寒いですが動きやすい服装に着替えて入念に準備運動をし、iPhoneの活動量計アプリを起動して出発しました。

私は「Runkeeper」というアプリを使用しています。このアプリはウォーキングだけでなくランニングやサイクリング等あらゆる運動に対応していて、信号待ち等で止まると自動的に計測を一時停止してくれるので大変便利です。

30分間、家の近所を歩きました。日頃運動をしていないと、少しフォームや歩幅を意識して歩くだけでもけっこうな運動になります。たった30分間ですが、歩き終えた時には軽く息があがっていました。

ウォーキングを始めて1ヶ月後

 
ウォーキングを始めて約1ヶ月が経過しました。雨や雪等で歩けない日もあり、休み休みですがウォーキングを続けてきました。

劇的に体重や体脂肪率が変化するようなことはもちろんありませんが、少しずつ体質や生活が改善されてきた気がします。私に訪れた変化は次の通りです。

・朝5時起きが苦にならない
・夜、大変よく眠れる
・食事の時に「消費したカロリーがもったいない」と考えるようになった
・体調がいい
・「もっと運動したい」と思うようになった

おわりに

最初にも書きましたが、私は運動が大の苦手でした。むしろ大嫌いと言っても過言ではありませんでした。しかし、実際にウォーキングを始めてみて、「自分のペースで体を動かす」ことは決して苦痛ではないと気づきました。

運動が苦手な人が気負わずに始めるには、敷居が低く継続しやすいウォーキングは最適です。特にこれからの時期は気温も温かくなり、季節による風景の変化を楽しみながら歩くのもオススメです。

この記事が、「運動が苦手だけれど身体を動かしてみたい」という方が一歩を踏み出すきっかけになれば幸いです。

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です