EURO2016グループCの見所 – 世界王者ドイツと圧倒的な攻撃力を誇るポーランド

euro2016

この記事ではEURO2016のグループCの予想をしていきます。グループCは2014年のW杯優勝&前回大会のEURO2012でベスト4という成績を収め、今大会の優勝候補にも名を連ねるドイツ、そしてドイツとは本戦でも同組になったポーランドが中心となります。ポーランドは予選では世界王者ドイツを相手に勝ち星を上げ、予選33得点という得点数は今大会予選では最もゴール数が多く、いかに高い攻撃力を持っているかが伺えます。そのため、ドイツにとってポーランドは最も脅威的な存在です。

安定のドイツ、高い攻撃力が持ち味のポーランド、ウクライナの粘り、EURO初出場の北アイルランドの番狂わせがグループCの見所となっています。グループCはドイツ、ポーランド、ウクライナという東欧勢に北アイルランドという組み合わせになっています。

大本命:ドイツ

いつの時代も安定した成績を残しているので、今大会も予選の成績を見る限り、問題なくグループ突破をすると言っていいでしょう。優勝候補の一つです。

しかし、予選ではポーランドを始め、アイルランドに敗戦し、近日行われた親善試合では、イタリアに4-1で快勝するも、イングランドに2-3で敗戦しており、世界王者といえど完璧とは言えません。

優勝期待度:★★★☆

対抗馬:ポーランド

ドイツの対抗馬となるのは、レバンドフスキを始め、ヨーロッパNo.1の攻撃力を持つポーランド。大本命はドイツにしましたが、個人的にはポーランドがグループ1位になると予想します。予選では、ホームにドイツを迎え入れ、2-0で完勝しました。結果こそグループ2位でしたが、ポーランドは世界王者ドイツ相手はもちろん、どんな強豪国相手でもゴールを決めるため、観る側としてみれば最高のチームです。

3月末に行われたフィンランドとの親善試合では、エースのレバンドフスキが先発出場しなくても5-0と快勝し、チームの勢いやチーム全体としての高い攻撃力が感じられます。

穴:ウクライナ

ワールドクラスの選手こそいないものの、コノプリャンカを始めとするサイド攻撃がウクライナの武器です。得点不足の改善と守備と攻撃のギアが噛み合えばEURO2004のギリシャのようなダークホースになりえます。

大穴:北アイルランド

予選では見事にグループ突破を果たしただけでなく、グループ首位という予想外の展開を予選から見せてくれました。グループ予選首位でEURO本戦初出場を果たした北アイルランドですが、グループCには世界王者ドイツを始め、実力あるチームが揃っているため決勝トーナメントへの出場は厳しいです。

まとめ

何も起こらなければドイツとポーランドの突破は確実です。ウクライナと北アイルランドはプレーオフをかけて少しでも良い成績で終えたいところです。

このグループの見所は、
・世界王者ドイツといえど完璧ではない。
・予選に引き続くドイツvsポーランド
・ウクライナは初戦のドイツに勝てばグループCは面白くなる。
・初出場の北アイルランドはどこまで通用するか?

これらを抑えて観戦するとより楽しめるかと思います。

About the author

諏訪亮祐

Levelopメディアディレクター。個人でライターとしても活動。複数のブログ運営もしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です