これだけは押さえておきたい!サッカーのディフェンス戦術

ディフェンス

戦術というと難しいイメージがありますが、サッカーはチームスポーツです。特に、守ること(ディフェンス)に関しては、一人で相手の攻め(オフェンス)を防ぐことは大変です。堅牢なディフェンスを行うためには、戦術を持ってチーム全体で守る必要があります。

そこで今回は、ディフェンスで代表的な2つの戦術を紹介します。

ディフェンスで大切なこと

ディフェンスというと、ディフェンダーが行う役割ですが、ディフェンスの戦術にはポジションに関係なく、全てのプレーヤーが関わらなければいけません。

そのため、十分な人数と味方同士の連携がディフェンスの戦術における最大の鍵となります。

①マンツーマンディフェンス

マンツーマンディフェンスは、特定の相手に対して1対1でマークをすることによって守るディフェンス術です。

現代のサッカーでは、マンツーマンディフェンスはセットプレーやある特定の選手以外には用いられることが少なくなりました。その理由としては、サッカー技術の向上や運動量の増加により、マンツーマンで付くことができなくなったということが挙げられます。

また、オフェンス側の技術はもちろん、ポジショニングにも左右されやすいというデメリットもあります。

しかし、役割が単純であることから、初心者には分かりやすい戦術でもあります。そして、ゴールキーパーを除く10人のフィールドプレーヤー全員がそれぞれマンツーマンでディフェンスを行えばフリーになる選手は生まれません。その点を生かし、後述するゾーンディフェンスと組み合わせることで戦術的なディフェンスが生まれることになります。

②ゾーンディフェンス

選手一人一人が1対1でマークをしながら守るマンツーマンディフェンスに対し、相手が誰かを問わず、各選手それぞれのエリアを守ることをゾーンディフェンスと言いますゾーンディフェンスは、人ではなくボールを基準に守る戦術です。

相手選手は常に動いているため、マークの受け渡しが大切になります。

ゾーンディフェンスのお手本

お手本となる形がリーガエスパニョーラの「アトレティコ マドリード(赤青)」が「レアルマドリード(白)」相手に見せたゾーンディフェンスです。

FWからDFまで綺麗に整った形でゾーンディフェンスを敷いているのが分かります。

さいごに

今回はザックリと「マンツーマンディフェンス」と「ゾーンディフェンス」の二つに分けて戦術を挙げました。

しかし、実際のフィールドでは、さらに細かい戦術が繰り広げられています。特に、ゾーンディフェンスに関しては、これができるかできないかで守備の堅さに左右します。

フィールドプレーヤー全員で意識を持ち、なるべく自陣から遠い位置でボールを奪うことが守備の前提であり、かつ素早い攻撃にもつながります。

photo credit: DSC08869 via photopin (license)

About the author

諏訪亮祐

Levelopメディアディレクター。個人でライターとしても活動。複数のブログ運営もしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です