これだけは押さえておきたいサッカーのルール

サッカー 審判
手を使わずに相手ゴールまでボールを運び、シュートを決め、より多くのゴールを挙げたチームが勝ち!ということは、サッカーに詳しくない方でも分かります。

しかし、ルールが分かると、さらにサッカーを楽しむことができます。

今回は、サッカーのルールが分からない方でも理解でき、知ってるとより楽しめるサッカーのルールを紹介します。ルールは毎年変わるので、選手陣も常に動向をチェックしましょう。

サッカーの基本ルール

人数

ゴールキーパー1人、フィールドプレーヤー10人の計11人で行われます。

試合時間

前半45分、後半45分の合計90分。前半と後半の間に15分間のハーフタイムがあります。

試合中に時間が止まった場合、アディショナルタイムとして止まっていた時間が加算されます。

試合中でよくある様々なリスタート

  • スローイン
  • ボールがタッチライン(横のライン)を割った時、最後に触ったチームの相手チームがスローインをしてボールをピッチの中に入れます。

  • ゴールキック
  • 攻撃側が最後に触ってゴールラインを割った時、守備側のゴールキックで再開します。

  • コーナーキック
  • 守備側が最後に触ってゴールラインを割った時、攻撃側はコーナーアークからボールを蹴って再開します。その際、直接ゴールに入ればゴールとして認められます。
    また、コーナーキックはオフサイドにならないので覚えておきましょう。

  • フリーキック
  • 相手のペナルティエリア外でファウルなどがあった場合、ファウルされたチームはその地点からボールを蹴って再開します。ファウルの種類によって「間接フリーキック」と「直接フリーキック」に分けられます。

    間接フリーキックの場合、たとえゴールに入ってもゴールとしてカウントされず、相手チームのゴールキックとなります。

  • ペナルティキック
  • 守備側が自陣のペナルティエリア内でファウルをした場合、攻撃側のペナルティキックとなります。キッカーとゴールキーパー以外は、キッカーがボールを蹴るまでペナルティエリア内に入ることができません。

経験者もしっかりと押さえておきたいルール

オフサイド

アマチュアからプロまでどんな試合でも起こるオフサイド。
サッカーの中で最も分かりづらいルールだと思います。

シュートが決まり、「やったーっ!!!」と思ったら、「・・・シーン」

「えっ?ゴールしたんじゃないの?」と戸惑うことでしょう。そして、副審を見るとドヤッとした感じで旗をビシッと上げています。

オフサイドは図で解説しないと分からないので、以下の動画を御覧ください。

スローイン

地上、空中問わず、ボールが完全にタッチラインを越えた時、最後にボールを触ったチームとは逆のチームがフィールド内にボールを入れて再開するというルールです。

プロの試合を見ていると、「ただ両手でボールをフィールド内に投げ入れてるだけ」のように感じますが、スローインにも細かいルールがたくさんあります。特に、学生の試合では、ファールスローがとても多いです。必ずチェックしておきましょう。

  • 両手で投げること
  • 頭の後方から頭上を通して投げること
  • タッチラインから足が出てはいけない
  • 両足ともに地面から完全に離してはいけない
  • 体の向きと投げる向きが同じであること

細かいですが、ちょっとしたミスで相手ボールになってしまいますので注意しましょう。

【新ルール】知ってると自慢できるキックオフについて

試合開始時などのキックオフといえば、フィールドの中央に二人の選手がボールを挟んで立ち並び、ホイッスルと同時にプレーを開始するシーンはよく目にする光景です。

これは、キックオフの「ボールを前方に移動」というルールに基づいて行われていました。
そのため、一人がちょんとボールを前に蹴り出し、もう一人が後ろへ下げてゲームを組み立てていくという形が一般的でした。

しかし、2016年の新ルールにより、360度どの方向へ蹴っても良いことになったため、サークルに入るプレーヤーは一人だけでも可能ということになりました。従来よりもフリーになる選手が一人増えることになるので、上手く活用すべきです。

About the author

諏訪亮祐

Levelopメディアディレクター。個人でライターとしても活動。複数のブログ運営もしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です