【テニス】相手の意表を突くドロップショットの使いどころ

皆さんはドロップショットを試合で使っていますか?

錦織選手やフェデラー選手の試合を見ているとラリー中に相手の意表を突くドロップショットが見られると思います。
ドロップショットが打てることでテニスコートを縦に使えて戦略に幅が広がり、相手に前後移動させることで体力も奪えます。またドロップの練習はボールタッチの技術向上にも繋がります。
今回はドロップショットの打ち方使いどころ打ったあとに分けてご紹介したいと思います。

打ち方

ドロップショットを打つためのポイントは

  • コンチネンタルグリップ(ボレーのグリップ)
  • ボールに対して余裕があるときに打つ
  • 高い打点で打つ
  • 強打するときと同じフォームから打つ
  • ボール軌道の頂点はネットより手前になるようにする

基本的なドロップショットは以上のポイントに気を付けます。
ネット際に落とすために山なりのボールを、弾まないようにスライス回転をかけて打てばドロップショットになります。

注意点として、ボールを滑らせようとライナー軌道にしてはいけません
ライナー性はバウンド後に前に進む力が残っているので、2バウンド目の距離が長くなってしまいます。これだと相手が間に合ってしまいますし、ネットから離れているのでこちらの優位になりにくいです。

ボールの軌道はフライ性で2バウンド目が伸びず、相手が返せてもネットに近い場所になるようにします。
ボールの高さはネットぎりぎりを狙うのではなく、2バウンド目がネットより低くなる程度で十分でしょう。

練習メニュー

スライスとドロップの練習

使いどころ

次にラリー中のどのタイミングでドロップショットを使うのかをご紹介します。
参考としてフェデラー選手のプレーを見てみましょう。

動画ではエースをとっていますが、ドロップショットを打つ目的は相手の意表をついて崩すということを忘れないようにしましょう。

相手の意表をつくためには、相手のポジションやボールからなる状況で判断しましょう。
ドロップショットを打つと効果的な状況は

  • 相手がベースライン後方または外にいる
  • 自分はベースライン内にいる
  • 自分にとって優位なボールが返ってきた

こういった状態にあるときです。
そしてギリギリまで相手の意表を突くために、ラリー中と同じフォームからドロップショットを打つのです。

打ったあとの動き

もちろん、ドロップショットを打ったらボールをじっと見ているわけにもいかないので次を予測して動きましょう。
基本的には、打ったボールを追いかけるように前に詰めていきます

ネットより低いネット近くのボールを返しやすいのは、クロスに短いボールか、ストレートにスライスで流すかです。
どちらにせよ滞空時間の長いフライ性のボールが返ってきやすいので、前に詰めることで返されたボールを確実に決められるようにしましょう。

スライスも使って相手にコースを絞らせない

ドロップショットはスイングはスライスに近いため「ドロップショットと見せかけてスライス」というのを相手を見せることで、フォームからもより予測されず選択肢が増えます。

このようにドロップショットの効果をあげるためにスライスも使ってみるといいでしょう。

おわりに

ボールタッチの感覚を養う練習にもなるので、ドロップショットの練習はぜひメニューに取り入れてみてください。
コツとして相手のボールの球威を利用して、面を合わせてあげれば自分の力を使わずとも飛んでくれます。ただし失敗すると絶好のチャンスボールになってしまうので、リスクもしっかり考えて使う必要があります。

普段は左右にしか打ち分けないという人も、ぜひコートを縦にも使って戦略の幅を広げてみてください。

参考:
テニス ドロップショット 打ち方とコツ
ニュース365 テニスのドロップのコツ!押さえるべき3つのポイント

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です