【テニス】肩より高い打点からの強打の練習

試合中に緩く跳ねるボールを打たれた時、それを無理に強打してミスしたり、落として返すといった経験はありませんか?
しかしプロや上級者の選手達はベースラインからも高い打点から強打しています。この高めの打点から打てるようになると自分から取りにいけるポイントが多くなると思います。
今回はフォアハンドストロークで肩より高めの打点から打つポイントをご紹介したいと思います。

下から上に振り切らない

肩より高い打点で打つ場合、通常のスイングのように打ったあと上に振りぬいて力を伝えようとすると、体の構造として力強く振りぬくことができません。
結果としてボールにパワーが伝えられずネットにかかったり、スピンをかけてロブ気味のボールしか打てなかったりします。

前回の記事でも触れましたが、現代は体の回転を利用して打つのが主流になってきています。
その打ち方を応用して、肩よりも高い打点から押さえのきいたショットを目指します。

【テニス】体重移動や体の回転で考えるスタンスの使い分け

打点でラケットがもっとも高くなる

体の回転を利用して横のスイングで打つ場合、打点でラケットがもっとも高くなり、前方に大きく振り抜いたあと低い位置でフィニッシュします。
そうすることで力強く振り抜くことができ、抑えのきいたショットになるのです。

この打法はライジングで打つときにも使えますが、タイミングを合わせるには慣れが必要ですので過去の記事「ライジングショットを打つなら知るべきメリットとデメリット」も参考に練習してみてください。

【テニス】ライジングショットを打つなら知るべきメリットとデメリット

まとめ

高い打点でボールを叩くのは難しく、リスクも高いので何度も打てるショットではありません。
しかし緩く跳ねるボールを叩けると選択肢も増えますし、相手にプレッシャーを与えることもできるので練習してみてはいかがでしょうか?

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です